そもそも、一般の人が破産を手続きするまでの期間は債務のある当人に対して電話での借金取り立てと、債務のある住んでいる家への訪問による取り立ては違法にはならないと考えられています。

さらに、破産申請の書類手続きに進んでから実行までに無駄な手数がかかった場合では債権保持者は無理な徴集をするリスクが増えます。

債権者サイドからすると負債の返納もしないまま、さらに破産のような法的な作業もしないという状態であれば組織内部で完了処理をやることが不可能だからです。

それと、債権保持人の過激なタイプは専門家に結びついていないと知ったなら、なかなか強行な集金行動をしてくる業者もいるようです。

司法書士法人あるいは弁護士法人に助けを求めたときには、一人ひとりの債権保有人は依頼者に関しての直接徴集を実行することが許されません。

要望を理解した司法書士あるいは弁護士の担当者は業務を任されたという内容の書類を各取り立て業者に送付することとなり各権利者がその郵便を見たとき依頼者は取り立て会社による強行な徴集から解き放たれるという流れになります。

ちなみに、取立人が勤め先や実家へ訪問しての収金は法律のルールで禁じられています。

金貸しとして登録が確認できる会社ならば勤務地や父母宅へ訪問する返済請求は貸金に関する法律に違反しているのを気づいているので、違法だと伝えてしまえば、返済要求を続けることはないでしょう。

自己破産に関する申し立ての後は申請人に向けた取り立てを入れ、例外なく返済請求行為は不許可になります。

それゆえ、取り立て会社からの返済要求行為がすべて消えるということです。

けれどもたまにそういったことを分かっていて連絡してくる業者もいないとはいえません。

貸金業であって登録されている会社ならば破産に関しての申請後の返済要求が貸金業法のルールに抵触しているのを把握しているので、違反であると言ってしまえば、そういった集金をし続けることはないと言えます。

といっても、闇金融と言われる取り立て業者においては予測外で、法律無視の取り立てなどが理由の被害が増加し続けている状況です。

裏金が取り立て業者の中にいそうな場合には弁護士事務所か司法書士などの専門者に頼むようにするといいと考えます。