コーヒーが好きで昔からよく飲んでいましたが、あるときを境にひどく胸焼けがするようになってしまいました。 大好きだったドトールやスタバに立ち寄ることもできなくなり意気消沈していたのですが、あるとき打ち合わせで訪れた喫茶店でとても素晴らしいコーヒーに出会いました。 それは味もさることながら、飲みくちが非常にスッキリしており飲み終わってもまったく胸焼けを起こしません。 それまでコーヒーを飲めばほぼ確実に胸焼けを起こしていた私にとってそれは衝撃でした。 お店自体はそれほど新しいものではなく、昔ながらのアンティーク調の内装で、分煙もそれほどきっちりされてはいません。 けれどカウンターで沸かされるサイフォン式のコーヒーの味は素晴らしく、それ以降も事あるごとに立ち寄ってはコーヒーを楽しんでいます。 実は支店が大阪の梅田にもあってそちらにも立ち寄ったことがあるのですが、そこで飲んだコーヒーは見事に胸焼けしてしまいました。 やはり淹れる人によってそれほどの違いが出るものなのでしょうか。