車の売却額を高くする要因として、数台しか作られていない車もあります。車というものはたまに限定車が発表されます。特に会社設立何周年という区切りやその車種が世に出て何周年とか、記念として限定車が発表されたりするのが多いみたいです。さらに、こうした限定モデルは相当人気があったりします。中でも日本人は、限定という言葉に弱いみたいです。限定という言葉が入っているだけで買わないと損だと考える人もかなりいたりするのです。なので、中古車見積もりを頼む場合でも中古車が限定モデルの車だったら限定である事を印象付けるのがいいでしょう。カーナビやサスペンション、スピードメーター、吸気・排気系パーツ、LSDやスポイラーセットなどのアクセサリーなどのものが想像以上に価格に評価を与える場合もあるのでこういった部分を強く推すのも乗り換える車を高く売るコツです。クルマを乗り換えるという場合でも、通常は、自動車業者は専門ですからアピールしなくてもわかってくれると思いますが、もしもわかってもらえなかったらかなり損をすることになります。もう一つ大事なのがよい買取査定をしてくれたらできるだけ早く結論付けることをおすすめします。なぜなら愛車の中古車の市場相場価格は常に変動しているからです。それにタイミングよくその時だけ売却予定の車種が買い取り強化対象になっていたもののある時期を逃したら買取額が1割以上下落することもよくあるのです。その時の需給バランスによって査定額は上下に動くということなのです。たとえ人気のある車種だとしても、長いこと人気のままでいるのは難しいでしょう。中古車市場は数が少ない事がポイントなので、ある程度人気機種でもマーケットにかなり流通していれば良い査定結果は出ません。よい査定の価格の時に決断することも重要だと思います。